オラクル データディクショナリ

オラクルにはテーブルやソースなどの情報をデータディクショナリとして記録してある。

データディクショナリの種類

DBA_*	データベース内全てのオブジェクトに関する情報
ALL_*	自分がアクセスできるオブジェクトに関する情報
USER_*	自分の所有するオブジェクト(自スキーマのオブジェクト)に関する情報
その他	セッションやロール、言語環境に関する情報

主要なデータディクショナリ

DAU	表名	         説明
***	CATALOG	         表・ビュー・索引・シノニムの情報を調べる
***	COL_COMMENTS	 表の列に付けられたコメント情報を調べる(便利!)
**	COL_PRIVS_MADE	 表の列にアクセスできるユーザを調べる
**	COL_PRIVS_RECD	 アクセスできるスキーマの表の列を調べる
***	CONSTRAINTS	 制約の情報を調べる
***	CONS_COLUMNS	 制約が定義されている列の情報を調べる
*	DATA_FILES	 データファイルの情報を調べる
***	ERRORS	         解決されていないエラー情報を調べる
**	EXTENTS	         セグメントに割り当てられたエクステントの情報
**	FREE_SPACE	 表領域内の使用可能エクステント情報
***	INDEXES	         索引の情報
***	IND_COLUMNS	 索引がひも付いている表・列を調べる
***	OBJECTS	         オブジェクトの情報
***	PROCEDURES	 プロシージャに関する情報
*	PROFILES	 プロファイルに関する情報
*	ROLES	         ロールに関する情報
**	ROLE_PRIVS	 ユーザやロールに付与されたロールを調べる
***	SOURCES	         ストアドやファンクションのソースを確認する(便利!)
**	SEGMENTS	 セグメントに割り当てられたエクステントとブロック数を調べる
***	SEQUENCES	 シーケンスに関する情報
***	SYNONYMS	 USER_:プライベートシノニムを確認する
**	SYS_PRIVS	 ユーザとロールに付与されたシステム権限の情報を示す
***	TABLES	         表に関する情報
**	TABLESPACES	 表領域に関する情報
***	TAB_COLUMNS	 表の列に関する情報
***	TAB_COMMENTS	 表に付けられたコメントに関する情報(便利!)
**	TAB_PRIVS_MADE	 スキーマにアクセスできるユーザを調べる
**	TAB_PRIVS_RECD	 アクセスできるスキーマを調べる
*	TEMP_FILES	 一時表領域に属するファイル情報を調べる
***	TRIGGERS	 トリガーに関する情報
**	TS_QUOTAS	 ユーザの表領域に対する領域割り当て制限情報
***	TYPES	         タイプに関する情報
***	USERS	         ユーザに関する情報
***	VIEWS	         ビューに関する情報

例えばパッケージPK_TESTのソースを取得したいときは、
select TEXT from all_sources where NAME=’PK_TEST’